鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2017年02月02日

泥棒の留守確認

325349.jpg

泥棒・空き巣は入れそうな家を見つけてはフラっと立ち寄る、瞬間的な犯行かと思われがちですが、実は慎重に計画を立てる者がほとんどで、家人が居ない時間帯を綿密に下調べしています。捕まる・見つかるリスクを下げる為、人通りや逃走ルートなども見ていますので、数日前から目をつけている事も。
泥棒がまず家人の留守を確認する方法として以下があります。

・新聞や郵便物が溜まっているかどうか
旅行や出張・入院など、長期間、家に誰もいない事がわかってしまいます。もし長期間家を離れる場合はあらかじめ新聞を止める等の対策を行っておきましょう。

・訪問する、インターホンを押す
意外かもしれませんが、直接インターホンを押してきます。ピンポンダッシュもありますが、営業マンを装いスーツを着ていたり、工事のお知らせ等を装い作業着を着ている場合もあります。

・部屋の明かり・生活音の確認
昼間に生活音が無い、夜に部屋の灯りがついていない、などは留守を知らせるものです。出来れば時間設定で点灯する灯り、テレビ・ラジオ等で対策しておくことをお勧めします。

・洗濯物が干しっぱなし
夜になっても取り込まれていない洗濯物は、不在や夜遅く帰宅する生活リズムを知られてしまいます。部屋の中に干す等の対策を行いましょう。

泥棒・空き巣はこのように、家人が留守にする時間帯を探ってきます。不在がわからないよう対策する事が重要です。




web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 11:02 | ブログ>防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。