鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2017年03月16日

車の鍵の種類について

イモビ

最近の車の鍵はよりスマート化しており、鍵を使って操作する手間がどんどん省かれてきてます。

  • 従来の車の鍵は、鍵の先端がシリンダーの刻みに合わせてギザギザに切り込まれているタイプの鍵です。ドアを開ける時もエンジンをかける時もこの鍵を挿し込む必要があります。手間にもなりますが、合鍵を作る時に近くの合鍵屋さんで作ってもらえるので、普段はスペアキーを使い、もし失くした時はまたマスターキーから安価でコピーできます。マスターキーを失くした時は、車の鍵穴から鍵を作る事も出来ます。

  • ウェーブキータイプ。鍵の内側・外側に波状の溝が彫られているタイプの鍵で高級車に多く採用されています。もしウェーブキーの合鍵を作るとなると、ギザギザの鍵よりは難易度が上がるため少々お高くなります。ですがその分、ギザギザの鍵よりはピッキングがされにくい構造でもあります。

  • 続いて、鍵のヘッド部分にリモコンがついているリモコンキータイプ。ギザギザキー・ウェーブキーのヘッドについています。ヘッドはスマートキーと見た目が似ていますが、違いとしてはエンジンは従来通り鍵を挿して始動させるところです。リモコンキーかスマートキーかわからない!といった時にはエンジンのかけ方で判断ができるでしょう。

  • 続いては、スマートキーと呼ばれる最新型の鍵です。キー部分はウェーブキーの物が多く、またはリモコンのみという事も。リモコンのみの場合はリモコン内部に緊急用の鍵が内蔵されており、ドアの取っ手部分にもカバーがついた緊急用の鍵穴があります。鍵はカバンの中に入れておくだけ、または身に着けているだけでOK。ドアの鍵はスイッチ式・または近づいたり離れたりすることで施錠開錠が出来ます。エンジンの始動もスイッチ式となります。鍵を車の中に置いたままドアを閉めても、センサーによって鍵が閉められた状況を感知し、鍵はかからずにアラーム音が鳴るので、置き忘れによるインロックトラブルも防ぐことができます。

  • イモビライザーキーまたはトランスポンダーキー。こちらは上記のような単体の鍵の事ではなく、防犯機能のシステムとなります。スマートキーに搭載されていることが多く、リモコンキーにもついているのもはあります。鍵に埋め込まれているチップに記憶されているIDと、車体側のIDが揃わないとエンジンがかからない為、映画でよくみる鍵穴をコチョコチョ・配線バチバチさせても盗難できません。イモビライザーが搭載されているかの判断は鍵の見た目からはわからないので、鍵を分解してチップがあるかどうかで判断できます。ですが分解するとチップがなくなったり元に戻せなくなる恐れがありますので、まずはメーター部分・メーター周りを見てみましょう。メーターに「SECURITY」という文字や鍵のマークがついたインジケーターランプがあればイモビライザー搭載車である可能性が高いです。車種によってはランプが無い事もありますので、一定の目安として判断してください。その他にも、車体に貼られているステッカー(鍵のマークなどわかりやすい表記がされています)から判断できることも。車を狙っている犯人への抑止力にもなりますので、一度車の周りを確認してみましょう


今使っている鍵の種類は出来るだけ知っておくと良いでしょう。もし鍵を作るとなると、従来の鍵・リモコンキー・スマートキー、それぞれ鍵の値段が変わってきます。スマート機能が無い鍵・イモビが搭載されていない鍵であれば比較的安く作成してもらえますが、スマートキータイプ・イモビ搭載車は電子チップの再登録などが必要になりますので高額かつ納期もかかります。出来るだけ鍵はなくさない、万が一に溜めにも鍵を複数持っておくことが重要です。





web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 10:49 | ブログ>鍵について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。