鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2011年11月04日

大事な書類などを火災から守る〜耐火金庫〜

金庫には大きく分けて2種類あります。一つは火災対策を目的とした耐火金庫。もう一つは盗難などの防犯を目的とした防盗金庫です。
一般家庭にもある金庫のそのほとんどは、耐火金庫です。
耐火金庫は、JIS規格(日本工業規格)やUL規格(北米の安全認証機関)が定めた耐火実験に合格したものであり、耐熱時間0.5時間から4時間などのグレードがあります。

[金庫の性能表示マーク]
JIS規格
kinko.gif
左から、一般紙、フロッピーディスクやCD、磁気テープの耐火性能試験合格マークです。数字は耐熱時間。一番右は急加熱・衝撃落下性能試験合格マークです。

UL規格
kinko2.gif
左から、耐火試験、データメディア耐火試験、爆発危険(急激加熱)試験、落下衝撃試験合格マークとなっています。

JIS規格とUL規格の違いは、主に加熱試験にあります。金庫をお選びになる際は、これらのマークのグレードで判断するのもひとつです。その他、防盗マークや防水マークなど、使用環境に合わせてお考えください。




web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 11:52 | Comment(0) | ブログ>金庫について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。