鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2011年12月07日

家庭用金庫と業務用金庫はどこが違う?

家庭に置いている金庫が「家庭用金庫」と呼ばれるわけではありません。業務用金庫を家庭でご使用されているケースはもちろんあります。それではいくつか家庭用・業務用金庫の見分けるポイント、違いについてご紹介をいたします。
「大きい金庫が業務用、小さい金庫が家庭用」
一般的に、小さい金庫に家庭用が多く、大きい金庫に業務用が多いのです。目安としては、50cm×50cm以上か以下かが見分けるポイントです。
「レバーはついていますか?」
金庫のドアの部分に、レバーハンドルがついていれば業務用です。家庭用のものにもレバーハンドルがついているものがありますが、まずレバーハンドルのついていない業務用金庫が有りませんのでこれもひとつの判断材料となります。
「ダイヤルの構造が違います」
まずダイヤルの見た目からの判断は難しいと言えますが、家庭用には固定ダイヤル・固定変換ダイヤルが取り付けられています。番号の変更はできません(特殊な方法で可能)。最後の数字にダイヤルを合わせた後もダイヤルが360度回ります。
業務用では100万変換・一億変換ダイヤルなどが取り付けられており、家庭用とでは鍵開けの方法もかわってきます。番号の変更ができる構造となっており、最後の数字にダイヤルを合わせるとダイヤルが停止します。

家庭用金庫で多いトラブルは、ホームセンターなどで買ってきた金庫のダイヤル番号を覚えず、ダイヤルをテープなどで固定しシリンダー錠のみ操作している時に、手が少し触れた・子供がダイヤルをいじって開かなくなった、といったケースです。普段から、ダイヤル操作の癖をつけてこういったトラブルを防止することをオススメします。




web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 11:03 | Comment(0) | ブログ>金庫について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。