鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2011年12月27日

愛知県で発生した侵入窃盗(平成22年)

住宅を対象とした泥棒、「空き巣」「忍び込み」「居空き」の手口。
平成22年度に発生した愛知県のこれらの住宅侵入窃盗認知件数は、8,672件です(愛知県警察 統計)。平成19年の8,955件から4年連続ワースト1位となっています。
平成23年上半期(〜6月)の認知件数は前年より減少しているものの、こちらも依然全国ワースト1位で被害額も大きくなっています。
平成23年上半期の割合は、戸建て住宅狙いが70.6%、共同住宅狙いが28.9%、その他0.4%。発生手口の割合は空き巣62.6%、忍び込み33.6%、居空き3.7%となっています。
侵入場所は主に窓、ガラスを割っての侵入や鍵のかかっていない場所からの侵入が多い。
格子付きの窓も格子をはずす・破壊などして侵入される場合や、玄関のドアをバールでこじ開ける手口、2階のベランダへ侵入しガラスを破って侵入など、侵入方法は様々。
対策は、侵入に時間をかけさせる(防犯錠や補助錠)、音で威嚇する(センサーアラーム・防犯砂利)、光りで威嚇する(センサーライト・門灯で周囲を明るくする)、地域との連携を強化する(近隣住民同士であいさつをしたり、不審者に声かけを行う)など、また狙われやすい窓の防犯対策の強化は重要です。





web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 10:45 | Comment(0) | ブログ>鍵の犯罪情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。