鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2012年07月17日

危険なサムターン回し手口と対策方法

最近よく聞くこととなった「サムターン回し」という手口。内側から鍵を掛けるときのツマミのことを「サムターン」と呼びますが、このサムターン回しとは外側から何らかの形で内側のツマミを回して不正侵入する手口です。例えばドアガラスを破り手を突っ込んで開けるなどの荒々しい手口を想像できますが、ガラスが無いから安心ということではありません。玄関ドアに取り付けられているポスト・郵便受け・新聞受けから手を入れる、ドアの隙間から針金のようなものを侵入させる、ポストを壊す、覗き窓・ドアスコープを破壊し特殊な工具で開けてしまう、ドアガラスまたは玄関ドア自体に小さな穴を開け特殊な工具で開錠するなどサムターン回しの手口は様々です。これではいくらピッキングに強い鍵を使用していたとしても、安全は確保されません。
これらサムターン回しに有効な対策品をいくつかご紹介いたします。

防犯サムターンの取付
防犯サムターンは内側のサムターンにかぶせるカバー状のもやサムターンを交換するタイプなど各メーカーから様々なものが販売されています。押し込みながら回す・サムターンについているボタンを押しながら回す・偏った力では回らないなど各種様々な機能があり、針金や工具などを引っ掛けて開ける手口に有効です。

サムターンを鍵穴にする
内側のサムターンを外側の鍵穴同様にし、両面を鍵穴にすることで手を入れられても開錠することはできません。

空き巣・泥棒は時間がかかるのを嫌う・周囲の目を気にする点から、補助錠の取付や防犯アラームなどの取付も有効です。またもともと防犯サムターンの機能がついたシリンダーや補助錠もございます。




web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 19:13 | ブログ>防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。