鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2011年11月01日

神奈川県で発生した侵入窃盗(平成22年)

神奈川県で平成22年中に発生した侵入窃盗認知件数は、7,422件です(神奈川県警察 統計情報)。
そのうち空き巣が3,875件、忍び込み979件、居空き202件は住宅を狙った手口です。またそれらの住宅を狙った手口は侵入窃盗認全体の約68%を占めています。

空き巣の手口で最も多いのは、窓からの侵入です。お出かけの際には上下サッシ部分に補助錠を取り付ける、破壊行為を探知するセンサーアラームの取り付けやライトの設置、防犯ガラス・防犯シートをガラスに付けるなど、窓の防犯対策を行ってください。
玄関や裏口からの侵入対策は、補助錠の取り付け、破壊行為・不正解錠対策の取られた鍵の設置、サムターンカバーを取り付けサムターン回しを防止など。

住宅以外には、事務所荒し600件、出店荒し1,024件、その他742件となっています。事務所荒しや出店荒しは複数犯で行われることが多く、金庫・パソコンなどのOA機器など被害が大きくなる場合がありますので、早めの対策が必要です。




web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 12:05 | Comment(0) | ブログ>鍵の犯罪情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

福岡県で発生した侵入窃盗(平成22年)

平成22年中の福岡県内で起こった侵入窃盗の認知件数は8,109件です(福岡県警察 統計)。前年度より2,105件の減少となっていますが、以前多発しています。早めの対策で被害に合わないようにすることが先決です。

手口としては、住宅を狙った犯行(空き巣・居空き・忍び込み)が全体の約51%を占めています。戸建て・マンション・集合住宅など、いつ被害に合ってもおかしくないという意識を持ち、出来る防犯対策からはじめてください。
まず、鍵は植木鉢や新聞受け・ポストの中などには置かないでください。
夜の就寝時や外出時、ゴミ捨てなどのちょっとした時もしっかりと鍵を閉めてください。そういった隙に居空き・忍び込みの被害に合います。
夜まで居ない場合は電気をつけていてください。夜になっても灯りがつなかい家は外出中であることを知られ、狙われやすくなります。
その他、鍵は破壊されにくいものへ交換、補助錠の取り付け、センサーライトなどしっかりとした防犯対策を行うことでより狙われにくくなります。
web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 13:07 | Comment(0) | ブログ>鍵の犯罪情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

大阪府で発生した侵入窃盗(平成22年)

平成22年に大阪府で発生した、空き巣や忍び込み・居空きなどの住宅を狙った侵入窃盗認知件数は5,118件です(大阪府警察 統計)。
また、手口によって侵入方法は大きく変わります。

空き巣(3,991件)の侵入方法の割合は、玄関や窓のガラスを破っての侵入が57%。無施錠(カギを閉めていない)からの侵入が19%。錠前破り・破壊が14%、その他が10%。
居空きの侵入方法の割合は、無施錠が59%。ガラス破りが15%。錠前破り・破壊が6%。その他20%。
忍び込みの侵入方法の割合は、無施錠が42%。ガラス破りが23%。錠前破り・破壊が19%。その他16%。

居空きや忍び込みは、住人が在宅中・就寝中に行われる犯行ですので、鍵を閉めていない場所から侵入し気づかれないうちに金品を盗んでいくことが多いです。鍵を閉める癖を必ずつけてください。
外出中に侵入する空き巣の手口は、圧倒的にガラス破りが多いです。最近では防犯シリンダーも普及し、不正開錠しにくいカギやワンドアツーロックが多いなか、無理に破壊や錠前破りをしようとしても時間もかかり開かない鍵が多いのです。その点、窓などは防犯対策が行き届いていないことや、人目につかない場所、また短時間で行えるので特に狙われやすいでしょう。
玄関の防犯対策はもちろんのこと、窓にも補助錠を取り付ける、クレセント錠を交換する、防犯フィルムを貼るなどの対策が必要です。人目につきにくい場所には、センサーライトを取り付けることも有効です。
web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 10:19 | Comment(0) | ブログ>鍵の犯罪情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

東京都で発生した侵入窃盗(平成22年)

東京都で発生した、空き巣や出店荒し・事務所荒し・忍び込み・金庫破り・居空き・病院荒し・学校荒しなどの総認知件数は、9,415件です(警視庁 統計)。これは1日に約25件ものペースで発生していることになります。
前年度と比べると1355件の減少ではありますが、まだまだ安心できる数値ではありません。
侵入口で最も多いのは、窓です。ベランダや部屋の窓、トイレや風呂場の窓ガラスを破り中の鍵を開けるガラス破りが全体の約70%です。次いで多いのは、表出入り口です。玄関横のガラスやサムターン回しの手口など、対策が必要です。
防犯対策で有効なのは、まず窓の対策です。防犯シートや防犯ガラス、衝撃に反応するアラーム、上下サッシ部分に補助錠を取り付ける、クレセント錠は暗証番号式・鍵付きのものにする、ステンレス格子の設置、外にセンサーライトを取り付けるなどが有効です。
玄関では、破壊に強く不正開錠の対策もとられている鍵、サムターン回し防止グッズ、ガードプレートの取付、不正合鍵作製防止システムのある鍵、センサーライトなどが有効です。
こういった防犯対策を行うことで、見た目からも防犯意識の高さを見せつけまず狙われにくくすることが大事です。
こういった手口からの侵入方法以外に、意外と多い鍵の閉め忘れ。これはすぐに出来る対策です。こまめに鍵を閉める癖をつけてください。

web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 10:05 | Comment(0) | ブログ>鍵の犯罪情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

事務所荒し、出店荒しとは?

事務所荒しは、会社・オフィス・組合などの事務所に休日・夜間を狙い侵入し金品を盗むことです。
出店荒しとは、飲食店・商店などに休日・夜間を狙い侵入し金品を盗むことです。

事務所内にお金などを保管していないから安心、頑丈な金庫があるから大丈夫というのは間違いです。事務所荒しは複数人で行われることが多く、狙われるものはお金だけでなくパソコン等のOA機器、個人情報、切手や印紙、また複数人で金庫を運ぶなどとした事例があります。
出店荒しにおいても、レジ内にある現金などが狙われます。

これらの防犯対策としては、住宅同様出入り口の鍵の強化を行い、ワンドアツーロック(補助錠の取り付け)や、防犯ガラスに取替える・補助錠の取り付けで窓ガラスの強化を行うことです。
また、センサーアラームやセンサーライト、防犯カメラの設置を行う、警備システムの導入で狙われにくくすることです。

被害に合う前にしっかりとした対策を行う必要があります。

web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 10:24 | Comment(0) | ブログ>鍵の犯罪情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。