鍵が開かない、閉まらないな、玄関の鍵を紛失してしまった、車の鍵がなくなった、バイクの鍵をメットインに閉じ込めた!など、様々な鍵トラブルは出張鍵屋の鍵猿がスピード解決いたします!出張専門の鍵屋だからこそ、緊急トラブルにも素早く対応できます!東京・大阪・愛知・福岡など全国各地の対応エリアへ、出張費無料・お見積もり無料で駆けつけます!

2014年02月11日

鍵はいつからあるの?鍵の歴史について

防犯用としていつも使っている鍵、この鍵とされるものは一体いつからあるかご存知だろうか。

紀元前2000年のエジプト錠が最古のものと言われている。紀元前2000年頃の日本は縄文時代後期頃なので鍵の歴史の古さが良くわかる。エジプト錠は木製で、かんぬきを利用した作りである。
鍵が作られた背景には、人が価値のある物・財産を持つようになり、他人からそれを容易に奪われないように守りたい、という思いで創意工夫された事が想像できる。
紀元前1000年頃には、ギリシャでエジプト錠の原理を応用したパラノス錠が考案された。
紀元前753年ローマ時代になると、パラノス錠も鉄製で作られるようになりより頑丈に作られる。パラノス錠のほかには、今でも良く見られる南京錠が登場する。

日本で最も古い鍵とされているのは、野々上遺跡(大阪市羽曳野市)から見つかった650年頃のものとされている「海老錠」である。しかし当時江戸時代の日本は治安が大変良く、時代劇とかで木の棒を使ってドアを押さえている映像からもわかるとおり、庶民には鍵とほとんど縁がなかった。鍵は金のある者が蔵に使用したりはしていたが、手で簡単に開けられるものといった、飾りのように使われていた。防犯目的に使用されていたのは、城門扉に取り付けられた頑丈な錠前である。
その後、徐々に武器の需要がなくなり手空きになった刀鍛冶職人などによって、より手の込んだ「和錠」と呼ばれるような物が作られる。









web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 14:40 | ブログ>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

電気工事士と鍵屋について

建物・ビル・住宅などの電気設備工事は作業の不備により感電や火災・事故の原因となる危険があるため、電気工事士法により電気工事士の資格を持たなければ作業を行えません。また電気工事士には第一種・第二種の2種類があり、第二種では一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事を行う事が出来、第一種では第二種の作業に加え最大電力500キロワット未満の工場・ビルなどの工事を行う事が出来ます。また電気工事士でなくても作業を行える軽微な工事もまた法令で決められています。
鍵屋にも電気工事士が必要な理由は、電気錠の取り扱いを行う為です。電気錠は、電気的に施解錠を行う事ができる錠前で、遠隔操作やICカードリーダー・生体認証機器・リモコンキーなどでの開錠が出来、より複雑なセキュリティシステムとの連動が行える錠前です。電気錠については今後ご説明いたしますが、電気錠にはもちろん電気配線が必要で既存配線に加工が必要な場合や新規に電気配線を施工する場合などに電気工事士の資格が必要です。鍵屋に電気工事士が居ない場合は電気線作業を専門業者に委託するなどで対応しています。
弊社鍵屋でも電気工事士の資格を持つスタッフが在籍していますので、電気錠の取り付けについてお気軽にご相談ください。

web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 18:53 | ブログ>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

ドアの閉まるスピードを調整!ドアクローザーとは?

ドアが勢いよく閉まると、音もうるさく指などを挟む危険があります。
静かにゆっくりと閉まって欲しい、またドアを開けた状態で閉まらないようにしたいなど、ドアクローザーの設置で解決できます。

「ドアクローザー(ドアチェック)」
closer.gif
ドアクローザーとは、開けたドアの自然に閉まる速度を調整することができます。両手が塞がっているとき、またお年寄りやお子さんの出入も安心です。

[付加機能]
ストップ機能
ドアを一定の角度で止めておくことができる機能です。出入が多いときにいちいちドアを開け閉めしなくて済み、風で閉まったドアに押し込まれたり挟まれてしまう危険からも安全です。
ディレードアクション機能
ドアを開けた角度から閉まる角度約70度までを非常にゆっくりとドアを閉める機能です。
バックチェック機能
強風や突風にあおられドアが急激に開くことを制御する機能です。ドアの外にいる人にあたる事故や、壁を傷つけるのを防ぐことが出来ます。
ラッチングアクション機能
ドアが閉まり切る手前の約2度〜3度で早く閉まる機能です。ドアが自動できっちりと閉まるので、最後まで手を添える必要がありません。

※ドアクローザーはドアの重さや種類により取り付けられるものが違い、付加機能も異なります。





web拍手 by FC2

posted by かぎざる at 11:50 | Comment(0) | ブログ>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。